2017.03.18

お金?容姿?条件にこだわって結婚したら失敗した体験談

彼と長く付き合ってきたら、そろそろ結婚も考えますよね。大事な結婚に向けて、彼が本当にふさわしいのか、様々な条件から照らし合わせて考える人も多いのではないでしょうか。でもちょっと待ってください。結婚相手には絶対譲れない条件がある!というのはとても大切なことかもしれませんが、そこだけで判断すると不幸な目に遭ってしまうことも…。
今回はそんなこだわりの条件に固執して結婚し「失敗したかも」と後悔する人の声を紹介します。

◆ 男性の肩書・会社のネームバリュー

「大手企業に勤務していることが絶対条件で婚活しました。見事結婚までいきついたのですが、夫の会社は昨年買収されてしまいました。とんだ誤算です」(29歳/主婦)

「誰もが憧れる会社の人と結婚したのですが、数年前にその会社が不祥事を起こしてあっという間に憧れの会社ではなくなってしまいました」(27歳/事務)


どんなに大きい会社でもあっても買収や不祥事、経営不振で会社自体なくなってしまうこともある世の中です。相手の職業やネームバリューを絶対条件にしても数年後にはその価値がなくなってしまうということももはや珍しいことではありません。この先の何十年で仕事内容が変わってカッコ悪い印象になってしまったり、悪いネームバリューがついたりすることもあると、頭に入れておきましょう。

◆ 刺激よりも安定

「公務員の彼と結婚しました。安定はたしかにしているのですが、刺激がないというのも事実です」(24歳/主婦)

安定しすぎていて刺激がないというのは贅沢な悩みかもしれませんが、この先何十年続く夫婦生活でまったく盛り上がる出来事がないとなると、マンネリ化の可能性が高まります。波乱万丈とまではいかなくても、ちょっとくらい上がり下がりのある生活のほうが案外楽しめるものですよ。

◆ 容姿のカッコよさ

「若気の至りで、一目惚れした相手と結婚。でも歳を取るにつれて相手もおじさんになってきてハゲてきたし、太ってもきました」(30歳/マスコミ)

「独身のときに、結婚相手の条件に『顔』と言っていた自分に説教をしたい」(32歳/出版)

結婚したら、たいていは毎日顔を合わせるわけですから、できれば自分の好みの顔のほうが気分もあがる気持ちもわかります。でも、誰でも歳をとるもの。お互い様ですが、容姿は年々変化をしていきますから、見た目だけを頼りに結婚すると、後になって辛くなりますよ。それをきちんと肝に銘じておきましょう。

◆ 家柄や育ち

「実家が由緒正しいお金持ちの家の人と結婚しました。まわりからは『玉の輿だね』と言われましたが、家の行事が多すぎて大変です。他にも変なしきたりとかルールがあって神経がすり減っています」(27歳/サービス)

「相手の実家がお金持ちすぎると自分の実家となにかと比べられて嫌な思いをします。何事も普通が一番だと思いました」(26歳/テレビ)

「お金持ちの人と結婚したのですが、相手の両親から『どうせ、お金目当てでしょ』的なことを言われて本当に腹がたちました。相手の実家とうまくやるのが大変です」(33歳/出版)


彼の実家の家柄が良ければ金銭的な援助があるかもしれません。でもその分、親戚や家族同士の付き合いに参加したり、しきたりに従ったりと窮屈な思いも多いでしょう。また、周囲から「お金のために結婚したんでしょ」などと噂されることも…。そういったデメリットがあることも頭に入れておくようにしてくださいね。

おわりに

自分では絶対に譲れないと思っている条件も、角度を変えて見てみれば、思わぬ落とし穴になっているかもしれません…。冷静に相手を見極める目を養って素敵な相手を見つけてくださいね!(夏目英実/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事