2017.02.27

また一緒に飲みたいな~!いい女に見える「色っぽい酔い方」

お酒を一緒に飲むと、男女の仲も一気に縮めることができたりするものですよね。

特にそういった場で色っぽさも感じさせることができれば、男性は確実にメロメロになってしまうでしょう。

そこで今回は、いい女に見える「色っぽい酔い方」を紹介します。

1.「ほろ酔い」で顔を赤らめる

「泥酔したり悪酔いする女性はそれだけでちょっと避けたくなっちゃいますね。ほんのりとほろ酔い状態で顔を赤らめているような女の子だと、可愛らしく感じますね」(26歳/男性/アパレル)

気になる男性とお酒を飲むときに、何よりも重要なポイントは「ほろ酔い」程度で止めておくこと。
飲みすぎて悪酔いなどしてしまったら、一気にあなたのイメージも悪くなってしまいます。
ほんのりと顔が赤くなったり、ちょっとトロンとした目つきになったりするくらいが、男性には一番可愛く見えますし、色っぽさも感じる表情です。

2.「髪型」を変化させる

「一緒に飲んでいる最中に髪の毛をアップにされると、なんか妙に色気を感じちゃいます。髪型を変えると雰囲気もかなり変わるから、なんかドキッとしますしね」(28歳/男性/営業)

髪の毛は女性の象徴そのもの。
長くてキレイでサラサラな髪の毛には、色気を感じて男性はドキッとしてしまいます。
気になる男性と一緒にお酒を飲む場合は、飲んでいる間に何度か髪型を変化させてあげると、男性に刺激を与えることもできるかも。
髪をかきあげたり、結わいたりアップにしてうなじを見せたりすると、色気はかなり増しますよ。

3.話し方を「ゆったり」とさせる

「お酒に酔ってきて、話すスピードがゆっくりになってくる女性って、ちょっとエロさがありますよね。なんか思わず見入っちゃうし、引き込まれちゃう感じですね」(27歳/男性/不動産)

せせこましく早口でバーッとまくし立てるように喋る女性は、色っぽい女性にはとても見えません。
ゆったりとした雰囲気の話し方にしてみるだけで、一気に女性らしさや色気も出てくるもの。
お酒に酔ったときは、話し方だけではなく、動作もゆったりめにするようにしてみると、男性にはなんだかちょっとエロティックに見えていたりしますよ。

4.ジッと「目」を見つめる

「お酒を飲んでいるときに、急にジッと見つめられると、ものすごくドキドキする。特に深い意味とかはなく、酔っ払って見つめちゃっているだけなのかもしれないけど…」(30歳/男性/商社)

普段は恥ずかしくてなかなかできないことも、酔った勢いがあればできちゃったりするものですよね。
なので、一緒にお酒を飲んでいるときに、思いきって男性の目をジッと数秒見つめてみたりすると、かなりドキッとさせられるはず。
あからさますぎるボディタッチなどよりも、よっぽど色気を感じてもらえるしぐさです。

おわりに

色っぽい酔い方ができれば、男性の心を間違いなく鷲づかみにできるはずです。いい女アピールが効いて、きっと男性はあなたに夢中になってしまうことでしょう。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事