2017.01.28

告白する前にフラれた…望み0%な恋をしたらすべき行動

ずっと好きだった彼、告白する勇気がなくて、告白できていなかった自分が悪いのだけど、いつの間にか彼女ができていた…という経験はありませんか?今回は、告白前にフラれてしまったあなたに捧げる、納得のいかない気持ちを落ち着ける対処法をお教えします。

1.ダメだとわかっていても告白する

告白する前にフラれてしまったという不完全燃焼な失恋は、納得しようとしても腑に落ちない感情が湧き出てしまいます。いっそのこと、気持ちをきちんと伝えて、彼の気持ちを直接聞きましょう。フラれるとはわかっていても、一度彼の口から言ってもらったほうが、自分の気持ちにリセットができる場合もあるのです。この告白は自己満足、自己完結させましょう。きちんとフラれたら前を向こうと心に決めれば、自然と気持ちも落ち着いてくるはずです。

2.涙と一緒に気持ちも流す

フラれたとき、気持ちを落ち着かせるために必要なのは、現実を受け入れることです。告白する前にフラれるという、なんとも納得のいかない恋の終わりを迎えてしまったあなたは、この感情をどうしたらいいか戸惑っているはず。そんなときは、フラれたという現実を受け入れて、悲しみに浸りましょう。涙が出なくなるまでとことん泣いて、一緒に彼を好きだった自分の気持ちも少しずつ流していくのです。きっとスッキリして心も落ち着きますよ。

3.友達に話して発散する

納得のいかないフラれ方をしてしまって、気持ちが落ち着かないときは、友達に起こったことすべてを話すことでリセットしましょう。自分だけに悲しみやつらさを収めていたら、ストレスが溜まるいっぽうです。つらかった思い、悲しかった気持ちを打ち明けるうちに、徐々に気持ちの整理もついてきます。最後には、笑い話ができるようになれば、もう大丈夫でしょう。話を聞いた友達が“失恋した子に出会いのチャンスをあげよう“と男性を紹介してくれたらラッキーですね。

4.他の人に目を向ける

彼に彼女ができてしまった。気持ちに感づかれて、告白する前にフラれるような線引きをされてしまった。など、告白する前にフラれたということは、完璧にあなたに気持ちがないということです。縁がなかったと思って、違う人に目を向けてみましょう。前々からあなたに好意的な男性とデートに出かけてみる、合コンしてみる、など出会いの場に出かけることも大切。そんな出会いの多い日常を過ごしていれば、気持ちも徐々に落ち着くはずです。

次の恋を探そう!

告白する前にフラれてしまって不完全燃焼な失恋を経験してしまったら、まずはしっかり悲しむ。悲しんだあとは、リセットできる方法で、気持ちを落ち着かせて次の恋を探しましょう。(odango/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事