2017.01.17

好きな人を落とすのに体で仕掛けちゃいけない理由とは?

こんにちは、恋愛デトックスカウンセラーの下村さきです。
好きな人を本気で落としたい!と思ったとき、みなさんならどうしますか?
自分から告白する人もいれば、告白してもらえるように仕向ける人もいるかもしれません。
そんな中で、個人的には体の関係を持つことで相手を意識させる…という女性から男性へのアプローチ方法はあまりオススメしていません。
今回は、その理由について説明します。

1.本気だと思われない

一般的に、男性は異性に対する気持ちがなくても体の関係を持てる生き物だと言われています。
ですから、体を使って『付き合いたいアピール』をしても、「エッチな気分なのかな?ラッキー」と解釈してしまうことの方が多いのです。
また、女性でも少なからず気持ちがなくても体の関係を持てるタイプの人は存在します。
そうしたタイプの女性と関係を持ったことのある男性なら、なおさら『一夜限りの遊び』としか捉えてもらえない可能性が高いです。
一度そう思われてしまうと、そのあとで恋愛対象として見てもらうことは困難です。
本当に思い出作りに一夜限りで良い場合を除いて、体を使ったアピールは避けましょう。

2.彼の好意を踏みにじってしまう

ひとつめに紹介したのは、もともと男性側があなたを恋愛対象と思っていなかった場合。
ふたつめは、男性側もあなたのことを付き合いたい存在だと思っている場合でも、体の関係を持ってしまうことで「ラッキー」ではなく「なんだ、俺って遊びだったのか」と思わせてしまうというデメリットです。
理由はやはり男性が、付き合う前に体の関係を持つイコール遊びという認識を持っていること。
「両思いっぽいのに、なかなか進展しないから体で仕掛けてみよう…」は逆効果!
じれったいかもしれませんが、告白を待つなり自分から気持ちを伝えるなりして、付き合うことを先に考えましょう。

3.付き合えても最初のドキドキがない

多くの男性は、気持ちが最大に高まっているときに異性との交際をスタートさせます。
付き合ってから『釣った魚にエサはやらない』タイプの男性がいるのは、まさに付き合うときが最大にハイテンションで、手に入れたことでテンションが下がってきてしまうからです。
ですから、いくら付き合うつもりでも友達以上恋人未満のときに体の関係を持ってしまうと、それをキッカケに男性のテンションは下がります。
下がるまでの時間が短いため、もちろんロマンチックなムードもドキドキするような時間も自然と少なくなりがち。
彼との新鮮な時間を楽しみたいのなら、やはり段階を踏んだ方が良いでしょう。

4.付き合ってから浮気の心配をされる

最後の理由は『付き合ったあとに浮気の心配をされる』から。
付き合っていないのに体の関係を持つ子という認識が彼の頭の中に植えつけられてしまうため、何か不安材料が生まれたときに「そういえば、俺とも付き合う前に関係持ったし…」と思ってしまうのです。
不要な心配をされるなんて悲しいことだと思いませんか?
そんな無駄な心配をさせないためにも、いくら付き合えそうだという自信があっても体の関係を持つのは付き合ってからにしましょう。

おわりに

もちろん、体の関係を持ってから付き合っても長く続くカップルもいます。
ただ、確率論で言えばまだまだ付き合う前に体の関係を持つリスクがあるのは否めませんので、後悔のないよう先に彼との交際をスタートさせることをオススメします。(下村さき/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事